記帳から、決算・申告まで親切に指導します。記帳を正しく理解し、帳簿の数字に基づく近代経営を推進していただけるよう、記帳から決算まで一貫した継続指導を行っています。また、決算・申告期には税理士の資格を持った人を専門相談員として、特別な相談・指導を行っています。

記帳は経営の道しるべです。毎日正しく記帳しましょう。特に現金出納帳だけは必ずその日に記帳して現金残高を照合し、月末にはその月のまとめとして仕入・売上・経費等を集計して月別の営業内容を明らかにしましょう。記帳することにより、青色申告ができます。これが、融資を受ける近道となり、経営改善への近道となるのです。

青色申告とは、毎月の取引をきちんと帳簿につけ、その帳簿に基づいて正確に所得や税額を申告した人が、税金の面でいろいろな特典を受けられる制度です。青色申告で、経営の合理化と節税に心掛けましょう。

戻る