のたび、全国の信用保証協会では、保証料率を中小企業者の経営状況を踏まえた料率へと改正することとなりました。
この料率弾力化によって、経営状況が良好な企業には
割安な保証料とさせて頂き、厳しい経営環境にある企業には保証利用機会の拡大により資金調達をいっそう応援いたします。

  2006年4月1日から、CRDの定量評価(評点)に基づき
                 下表の通り9段階に区分された料率体系となります
区分 @ A B C D E F G H
保証料率(%) 2.20 2.00 1.80 1.60 1.35 1.10 0.90 0.70 0.50

経営状況が良好な中小企業には
割安な保証料で更なる成長を支援!!

保証料率

(従来は、原則1.35%の一律料率)

平均的な料率水準は変わりません(注1)

A社(例:0.50%)

B社(例:1.35%)

C社(例:2.20%)

保証料率を弾力化!!

中小企業の経営状況に応じた
きめ細かい保証料率設定で資金調達を応援します

(注1 ご利用のお客様の平均的な保証料率は、従来1.35%で、保証率の水準は、変わりません。
    但し、個々のお客様で見ると、経営状況により、料率が下がる場合、あがる場合がございます。)
(注2 保証のご利用にあたっては、保証協会の審査があり、ご希望に添えない場合がございます
    のでご了承ください。)

お問合せ先:福井県信用保証協会 (詳細は、こちらから)
  福井市西木田2丁目8-1(福井商工会議所ビル内)
  TEL 0776-33-1800
  http://www.cgc-hukui.or.jp